「向上するには、試験勉強するしかない」~元公務員講師のコラム~

勉強を進めるにあたっては、いろいろと不安がつきまとうものです。
こうやって勉強しても授業がわかるようにならないとか、そもそも合格するだろうかとか。
しかし、この勉強に伴う不安は、勉強をすることによって消すしかありません。不安こそ、勉強のエネルギー源にしないといけないのです。

試験勉強で向上するためには、つまるところ試験勉強するしかありません。
就活とか公務員のインターンとか説明会とか、勉強する感じにはなるのですが、これらは純粋な試験勉強ではありません。
過去問を解いて、テキストを読んでこその試験勉強なのです。

将棋の世界でも、羽生世代以前は「遊びは芸の肥やし」という考えがあって、将棋の盤上の勉強以外の諸々の人生経験が、将棋を強くするんだと考えられてきました。
羽生世代以降に、この考えは完璧に否定されました。将棋は「ジャストアゲーム」なんだと。将棋は盤上の勉強のみで決まるというのが、今日の棋士の考え方です。

試験勉強でも同じくです。面接まで考えれば、また別かもしれませんが、筆記試験は「ジャストアゲーム」です。
逃げずに、過去問を解きましょう。テキストを読みましょう。
試験勉強で点数が取れるようになるのは、試験勉強によってのみです。
不安だからこそ、勉強するのです。

 

【中島講師 プロフィール】
94年7月外務I種最終合格。国家I種経済職も1次合格していたが、外務I種合格により辞退。
外務省は4年勤務、アラビア語研修を命ぜられ、中近東第1課、エジプト大使館に勤務。諸事情により任期途中で日本に戻り人事課等に勤務。
2001年より公務員試験講師。延べ2400回の授業、24000人の学生に講義。
主な著作:「受験ジャーナル直前対策ブック 暗記科目の語呂合わせカード」、「語呂合わせで急所をチェック 公務員試験」(文芸社)

関連記事

  1. 「数的処理で合否が決まる、他の科目で順位が決まる」~元公務員講師のコラム~

  2. 「受験生も社会人、自分を安売りするな」~元公務員講師のコラム~

  3. 「不安という観念から逃れる」~元公務員講師のコラム~

  4. 「私の面接カード (25年前、外務I種)」~元公務員講師のコラム~

  5. 「法律科目の学習の心構え」~元公務員講師のコラム~

  6. 「実務にレジュメはない」~元公務員講師のコラム~

  7. 「平常心という難しさ」~元公務員講師のコラム~

  8. 「メンタルを最優先」~元公務員講師のコラム~

  9. 「庶務の方との人づきあい」~元公務員講師のコラム~