防衛省・自衛隊(一般曹候補生)

所在地
全国(陸自:約163コ駐(分)屯地)、海自:約31コ基地、空自:約73コ基地
予算規模
約5.4兆円(令和4年度)
職員数
247,154人(令和4年3月31日現在)

各部隊の中核である「曹」になる自衛官を養成する制度

「一般曹候補生」は非任期制の採用制度で、自衛官として長く活躍したいという方にぴったりの制度です。
衣食住を含めたさまざまなサポートを行うことで、あなたの「働きたい」想いを全力で支えます。

成長できる舞台。防衛省・自衛隊

魅力・PRポイントはここ!

防衛省・自衛隊

現場で活躍する「スペシャリスト」

一般曹候補生の対象は、18歳以上33未満の方。高校新卒者はもちろんのこと、高専卒、大学卒から、社会人経験を積んだ方など、多様な経歴を持った方が活躍しています。
入隊後は、陸上、海上、航空各自衛隊の部隊勤務を通じて、部隊の中核を担い、現場で活躍するスペシャリストを目指します。

さまざまなキャリアを描くことが可能

自衛隊には様々なキャリアルートが存在します。
曹長となり、曹を極める道だけでなく、試験を受けて幹部へ昇任することも可能です。
また、資格取得のサポートがあるので、自分の能力や志向に合わせて、知識と技術を高めることもできます。

防衛省・自衛隊 キャリアルート
防衛省・自衛隊 円陣

終身雇用が原則

自衛官として定年まで活躍するのが一般曹候補生です。
2~3年で任期を更新する自衛官候補生とは異なり、終身雇用が原則となるため将来も安心です。
また、自衛官は特別職国家公務員としての身分が保証されていますので、各種手当のほか、衣・食・住のサポートも受けることができます。

こんな方に来てほしい!

自衛官という職業の本質的な魅力である「人を守るというやりがい」に共感する方をお待ちしています。
陸海空各自衛隊には、民間企業以上に多種多様な職種・職域が存在していますので、やりたいことやなりたい自分を探しながら、理想の自分を目指して成長していくことができます。
自衛官として必能な知識やスキルについては、自衛隊の中の学校等において行われる段階的かつ充実した教育により養っていくことができるので心配はありません。

先輩職員からのメッセージ

第1空挺団 3等陸曹 小田一幾

自衛隊では、日ごろの勤務や生活を通じて同期はもちろん、先輩でも後輩でも、本当の兄弟かと思うような人間関係が築けます。集団生活は、経験がないと慣れるまで大変ですが、いろいろな価値観の人と出会い、大切な仲間との絆を育めるというメリットもあります。
民間企業では経験できないようなこともたくさん経験できます。

採用担当者より

みなさんは自衛官という職業についてどのようなイメージをお持ちでしょうか?
体力重視の単調できつい職業であったり、民間企業に比べ上下関係が極端に厳しい職業と思われているのではないでしょうか?
確かに、国防を担い人を守る職業である以上、体力・気力が必要な場面もありますし、規律正しい行動を求められることもあります。
しかしながら、決してそれだけではありません!今、体力に自信が無くても段階的な教育や訓練を通じて着実に力をつけることができますし、チームで仕事をしていくので互いに支え合う仲間として団結・協力しながら任務に取り組んでいます。
重要なのは、「人を守る」という職業に対する熱意だけです。

インターンシップ・ボランティア等

各都道府県に所在する自衛隊地方協力本部(通称「地本」)において随時開催しています。
各地本HPにてご確認ください。

試験の特徴

筆記試験について

  • 教養科目
  • 作文

その他の試験内容

  • 個別面接
  • 適性検査
  • 身体検査

募集職種(予定)

  • 自衛官(一般曹候補生)

受験資格

日本国籍を有する18歳以上33歳未満の男女(32歳の者は、採用予定月の末日現在、32歳に達していない者)

  • 学歴要件なし

採用の流れ

  1. 受験申込(Webエントリー又は各地本事務所において対面申し込み)
  2. 1次試験・・・筆記試験(国語・数学・英語(択一式)及び作文)及び適性検査
  3. 2次試験・・・口述試験(受験生1名に対し試験官3名)及び身体検査
  4. 最終合格・・志願した地方協力本部への掲示及び本人宛通知(合格者のみ)
  5. 陸海空各自衛隊教育隊入校

令和4年度第3回一般曹候補生試験を実施します。

志願受付期間:10月19日(水)~12月1日(木)
1次試験:12月11日(日)~12月16日(金)
1次試験合格発表:12月23日(金)
2次試験:令和5年1月7日(土)~1月15日(日)
最終合格発表:1月26日(木)
入隊時期:令和5年3月下旬~4月上旬

【受付に関する注意事項】

〇 陸上自衛隊
  • 男子は全ての方面隊で採用を予定しており、全都道府県で受付しています。
  • 女子は東部方面隊(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県、静岡県)及び西部方面隊(福岡県、佐賀県、長崎県、大分県、熊本県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県)での採用は行いません。ただし、受付は全都道府県で行っています。
〇 海上自衛隊
  • 男子は全ての地方隊で採用を予定しており、全都道府県で受付しています。
  • 女子は採用を行いません。
〇 航空自衛隊

男子女子ともに採用を予定しており、全都道府県で受付しています。

待遇について

基本給 初任給 月額:179,200円(高卒)/188,800円(大卒) 昇給年1回
諸手当 扶養手当、通勤手当、単身赴任手当、住居手当、地域手当、航海手当、乗組手当、航空作業手当、航空手当、災害派遣手当など
賞与 期末手当・勤勉手当(6月、12月)
休日休暇 週休2日制、祝日、年末年始、夏季休暇、年次有給休暇(年間24日)、代日休暇など
待遇・福利厚生 特別職国家公務員
勤務地 各都道府県の駐屯地または基地など
勤務時間 8:15~17:00
(地域差あり、災害等対応時は規定の時間によらず勤務)
教育・研修制度 陸海空各自衛隊の学校において職務に応じた教育・研修を実施
人事評価制度 年2回の業績評価及び年1回の能力評価を実施
資格取得支援制度 職務上必要な資格の取得のほか、定年退職前に再就職支援として官費で資格取得可

昨年の実施結果

2021年度 採用人数

一般曹候補生 6450名(男子5330名、女子1120名)

その他データ

問合せ先

各県に所在するお近くの自衛隊地方協力本部までお問い合わせください。

ホームページ

ホームページを見る

地域を選択する

アーカイブ