静岡県警察

静岡県警察のマーク
所在地
静岡県静岡市葵区追手町9番6号
職員数
7,004人(平成31年1月1日現在)

静岡県警察では、約7,000人の警察官、警察行政職員が働き、治安の維持に努めています。

警察職員に必要な要素は正・強・仁。
自らを正し、正義を貫く「正」。
強い信念を持って悪への対決姿勢と強靭な執行力を保持する「強」。
常に相手の立場を考え、温かい思いやりの心を持って接する「仁」。
警察官・警察行政職員という生き方を選んでみませんか。

静岡県警察のマスコット静岡県警察のマスコット

先輩職員からのメッセージ

静岡県警察学校初任科学生

警察学校 初任科学生

警察官として学ぶこと、身につけることはとても多く、大変だと思うときもあります。全ては県民を守るためです。そこに仕事の醍醐味があります。仲間との絆という人生の宝物を得られます。警察官という人生の選択に挑戦してください。

静岡県警察2015年度採用女性警察官

2015年度採用 女性警察官

警察には、自分らしく活躍できる場所があります。家庭と仕事を両立させるための制度も充実しているので、臆することなく目指してください。

静岡県警察学校教官

警察学校 教官

警察学校では警察官に必要な知力、体力、精神力を身につけるだけでなく、社会人としての人格も養います。新人警察官が卒業後に県民のために力を発揮し、自身をもって職務に取り組めるよう育成する場なので、厳しいこともあります。でも一人で乗り超えるのではなく、苦しみを共に分かち合える同期、手を携える教官がいます。大切なのは「警察官になりたい」という強い思い。警察学校で待っています。

採用担当者より

強さと優しさを秘め、最前線で日夜「悪」と対峙する警察官。警察業務の要として活躍する警察行政職員。誰もが強い信念と熱い正義感を持ち、ひたむきに、まっすぐに、自らの任務に情熱を注いでいます。犯罪や危険から県民を守り社会に貢献する、それは警察の大きな使命です。人のため、街のため、同じ志を胸に、警察官・警察行政職員という生き方を選んでみませんか。

試験の特徴

筆記試験について

事務・行政職試験
  • 専門科目
  • 教養科目
技術職・資格職試験
  • 専門科目
  • 教養科目

その他の試験内容

  • 個別面接
  • 集団討論
  • 適性検査
  • 小論文
  • 体力検査

募集予定職種

  • 警察官
  • 警察官(武道)
  • 警察事務
  • 警察技術系
  • 少年補導員・保安員等

令和元年度実施実績

受験資格

昭和59年4月2日~平成14年4月1日生まれ
※職種により異なる、令和元年度実績

  • 高卒
  • 専門学校卒
  • 短大卒
  • 大卒
  • 卒業見込み可

採用の流れ

  1. 1次試験・・・教養試験(一般的知識及び知能についての択一式による筆記試験)
  2. 2次試験(第1次試験日に実施)・・・小論(作)文試験(課題に対する理解力、表現力、文書能力等についての記述式による筆記試験)
  3. 2次試験(第1日)・・・適性検査、身体測定(四肢・関節機能検査等)、体力試験(腕立て伏せ、上体起こし、反復横跳び、握力、立ち幅跳び)
  4. 2次試験(第2日)・・・面接試験(個別面接、集団討論)

待遇について

基本給 約229,200円(警察官Aの初任給、2019年4月1日現在、3.7%の地域手当込)
諸手当 時間外勤務手当、特殊勤務手当、通勤手当、住宅手当など
賞与 約654,200円(警察官Aの1年目賞与総額)
休日休暇 年次有給休暇(最大年間40日)、夏季休暇、家族休暇、結婚休暇、介護休暇、育児休業、忌引等
待遇・福利厚生 結婚・出産祝金の給付、怪我・病気による入通院の際の療養費給付、各種資格取得に対する助成金給付、宿泊施設やレジャー施設の優待利用など
勤務地 静岡県内
勤務時間
  • 1週間 38時間45分
  • 日勤勤務 8:30~17:15
  • 交替制勤務 9:00~翌9:00のうち15時間30分(休憩時間を除く)
教育・研修制度 専科教養、海外研修、語学研修

昨年の実施結果

2018年度 合格者人数

  • 男性警察官 191名
  • 女性警察官 45名
  • 警察行政職員 28名

その他データ

男女比

9:1

有給休暇の平均取得日数

9.0日(平成30年実績)

問合せ先

静岡県警察採用フリーダイヤル
0120-489276

ホームページ

ホームページを見る

地域を選択する

アーカイブ