和歌山市役所

和歌山市の写真
所在地
和歌山市七番丁23番地
予算規模
約1,503億円(令和2年度一般会計当初予算)
職員数
2,868人(令和2年1月1日現在)

和歌山市は、紀伊半島の北西部に位置し、豊かな自然と万葉の時代から連なる歴史文化を兼ね備えた和歌山県の県都です。明治22年4月1日の市制施行以来、近畿南部の中核都市として今日まで発展してきました。

和歌山城の写真和歌山市の景色

魅力・PRポイントはここ!

さらり輝く和歌山市

紀州徳川家55万5千石の城下町として栄えた和歌山市は、県都にふさわしい都市機能を有し、道路整備の進展によるアクセス性の向上などにより、企業誘致等、地域活性化のチャンスが広がっています。本市では、めざす将来都市像を「きらり 輝く 元気和歌山市」と定め、産業振興や子育て支援、魅力的なまちづくりに取り組むとともに、コンパクトシティの形成や高齢化対策などにより安心して住み続けられるまちづくりを進めていきます。

こんな方に来てほしい!

和歌山市に「誇り」と「愛着」を持ち、「元気な和歌山市を実現したい」という熱い思いを持つ人材を求めています!

  • 市民とともに考え、市民から信頼される職員
  • 向上心に富み、豊かな未来を創造する職員
  • 職務に誇りを持ち、主体的に行動する職員

先輩職員からのメッセージ

和歌山市役所産業政策課職員

産業政策課 行政職(事務職)採用

産業活性化に関わる業務を行っています。和歌山市の経済や景況に関するデータの資料作成や分析、IT導入の補助事業といった中小企業の支援業務が中心です。その他にも、木材利用の推進や地酒イベントなど、様々な仕事があります。地域の企業の方や他部署の職員との関わりも多く、様々な知識が必要で大変ですが、成長していける環境だと感じています。
和歌山市役所の仕事には想像以上に多くの分野があり、求められる人材・能力も多岐に渡ります。自身の経験や能力をよく振り返り、どの分野で生かすことができるのか、働く姿をしっかりとイメージすることが重要です。皆さんにも多くの活躍の場があると思いますのでぜひ頑張ってください。

和歌山市役所農林水産課職員

農林水産課 行政職(事務職)採用

畜産業の振興や鳥獣被害の対策に携わっています。牛の畜産農家を訪問し、牛がきちんと飼育されているかを確認する業務などがあり、人はもちろん動物とも関わることができるのは、大変貴重な経験です。また、四季の郷公園のリニューアル事業にも携わり、和歌山市初の「道の駅」開設を目指し、事業者との打ち合わせやPRイベントに参加するなど様々な経験をしています!
和歌山市役所の仕事は多岐に渡るので、今学んでいる知識は必ず役に立つと思います。和歌山市のことをよく知って・見て・聞いて・体感して、もっと好きになってください。そして和歌山市の職員になるためにがんばってください!

和歌山市役所下水道企画課職員

下水道企画課 行政職(土木職)採用

下水道は地下に埋まっていて目立たないものがほとんどですが、家庭や工場の排水をきれいにして海や河川へ流すことで清潔な生活環境を確保し、大雨による浸水からまちを守る重要な施設です。担当業務は下水道の計画に関することで、効率的・効果的な下水道の整備や運営方法を考え、実現に向けて取り組んでいます。課題が多く大変なこともありますが、皆で協力して下水道の将来を決める重要な仕事にやりがいを感じています。
どんな仕事に対しても前向きに挑戦する気持ちで取り組むことで、市の発展だけでなく自分の成長にも繋がると考えています。「和歌山市をよりよくしたい」という熱い気持ちのある皆さん、和歌山市のために一緒に働きましょう。

和歌山市役所保健対策課職員

保健対策課 資格免許職(保健師)採用

結核と診断された患者さんの服薬支援と服薬終了後の検診案内、接触者の疫学調査と接触者健康診断の実施、普及啓発などが主な業務です。診断された直後は、患者さんだけではなく、そのご家族も不安な気持ちを抱えています。結核について正しく理解していただくことが難しい場合もありますが、少しでも不安が解消されたと言っていただけたときは、やりがいを感じます。
和歌山市には保健所が設置されており、難病、精神保健、感染症等の専門的な分野に携わることができます。また、保健センターや本庁の医療や福祉に関する部署に配属されることもあり、幅広い分野で市民の健康に関わることができます。保健師としてぜひ一緒に働きましょう!

和歌山市役所保育こども園課職員

保育こども園課楠見保育所 資格免許職(保育士)採用

5歳児クラスの担任をしています。一人ひとりの発達の違いを見て、必要な援助を考え、主体性を育むために大切なことを常に意識しながら、子供たちの個性に向き合っています。また、子供のその日の様子を記録することや、保護者の方や関係機関と連携をとることも重要な仕事です。
職員同士で協力し、上司の先生にも相談に乗ってもらいながら、恵まれた環境の中で仕事ができています。人との関わりで感じる温かさを子供たちにもしっかり感じ取ってもらいたい、そのためにも自らを磨いて保育を学ぼうという意欲が湧いてきます。経験を重ねることで新たな見方・考え方・保育の奥深さを知り、自身の成長にも大きく影響を与える魅力たっぷりの仕事です!

和歌山市役所中消防署署員

中消防署 消防職採用

和歌山県で唯一の高度救助隊の一員として勤務しています。当隊は9名の隊員で構成され、和歌山市のみならず、他都市で大きな災害が発生すれば、総務省消防庁からの出動指示で日本各地へ出動します。平成30年の西日本豪雨では兵庫県大隊と一緒に広島県で活動しました。普段は和歌山市中心部の火災や救助事案に対応し、市民の方々の安心と安全を守っています。
日々訓練を行い、少しずつ昨日までできなかったことをできるように努力しています。大きな目標のために長い間モチベーションを保つことは難しいと思います。小さな目標を定め目の前のことにコツコツ取り組むことで、大きな目標に辿り着けるのではないかと考えます。

試験の特徴

筆記試験について

※令和元年度実施実績

事務・行政職試験
  • 専門科目
  • 教養科目

教養科目のみで受験できる試験区分もあります。

技術職・資格職試験
  • 専門科目
  • 教養科目

教養科目のみで受験できる試験区分もあります。

その他の試験内容

※令和元年度実施実績

  • 面接カード
  • 個別面接
  • 集団面接
  • 適性検査
  • 小論文
  • 事務能力検査
  • 試験区分によって、試験内容が異なります。
  • 面接カード及び適性検査は、口述試験の資料として使用します。

募集予定職種

※令和元年度実施実績

  • 一般行政・事務
  • 化学
  • 電気
  • 消防士
  • 情報
  • 医師
  • 機械
  • 保健師
  • 臨床心理士
  • 土木
  • 保育士
  • 建築
  • 労務・現業職

受験資格

※令和元年度実施実績

(例)行政職Ⅰ種
昭和59年4月2日から平成10年4月1日までの間に生まれた方

  • 学歴要件なし

※受験資格は試験区分によって異なります。

採用の流れ

  1. 受験案内・申込書の請求
  2. 受験申込み
  3. 第1次試験
  4. 第1次試験合格
  5. 第2次試験(注:第3次試験が行われる試験区分があります。)
  6. 最終合格
  7. 採用候補者名簿登載
  8. 採用内定
  9. 必要書類の提出
  10. 採用

試験の合格者は、和歌山市人事委員会が作成する採用候補者名簿に登載された上、任命権者(市長、消防局長等)からの請求に応じて提示され、そのうちから採用されます。和歌山市では、原則として最終合格者=採用者となりますので、本人からの辞退や必要な資格・免許が取得できなかった場合、受験申込書等で虚偽の内容があった場合、公務員としての適性を欠く行為があった場合がない限り採用されます。

待遇について

基本給 初任給(令和2年3月1日現在) ※地域手当(6%)を含む。

  • ■行政職Ⅰ種、学芸員 月給約193,100円
  • ■行政職Ⅲ種、障害者を対象とした行政職事務職 月給約159,600円
  • ■資格免許職Ⅰ種 月給約199,300円
  • ■資格免許職Ⅱ種 月給約180,000円
  • ■消防職Ⅰ種 月給約221,100円
  • ■消防職Ⅲ種 月給約180,100円
諸手当 扶養手当、通勤手当、住居手当、時間外勤務手当等が、要件に応じて支給されます。
賞与 期末・勤勉手当として年2回(6月、12月)
休日休暇 休日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始

職種・勤務場所により異なる場合があります。

その他の休暇:夏季休暇、結婚休暇、産前・産後休暇、病気休暇、看護休暇、介護休暇等、一定の要件を満たした場合に取得できます。
育児休業制度:男女を問わず、育児休業及び育児部分休業を取得できます。

待遇・福利厚生
  • ■社会保険完備
  • ■共済・互助制度
    療養費・退職後の年金・育児休業手当金等の給付、住宅・結婚・医療・出産等のための貸付事業等、職員やその家族の福利厚生等の増進を目的とした各種給付及び事業があります。
  • ■健康管理
    定期健康診断、人間ドック助成、ガン検診助成等、職員が心身ともに健康に働けるよう、健康保持増進が図られています。
勤務地 原則として和歌山市内
勤務時間 週38時間45分
原則として月曜日から金曜日までの午前8時30分から午後5時15分まで

職種・勤務場所により異なる場合があります。

教育・研修制度 新規採用職員研修を実施、メンター制度有り
人事評価制度 あり(処遇への反映あり)

昨年の実施結果

2018年度 採用人数

  • 行政職Ⅰ種:事務職[1型] 11名、事務職[2型] 18名、化学職 1名、建築職 1名、土木職 4名、電気職 1名
  • 行政職Ⅲ種:事務職 1名
  • 資格免許職Ⅰ種:精神保健福祉相談員 1名、保健師 3名、栄養士 1名
  • 資格免許職Ⅱ種:保育士 6名
  • 消防職Ⅰ種 8名
  • 消防職Ⅲ種 5名 など

その他データ

平均年齢

43.1歳(平成31年4月時点 一般行政職)

月平均所定外勤務時間

15.8時間(平成30年度実績)

有給休暇の平均取得日数

10.8日(平成30年度実績)

育児休業取得者数

平成30年度実績

※実績年度における新規の対象者・取得者の人数

  • 【女性】取得対象者数28人、取得者数28人
  • 【男性】取得対象者数91人、取得者数3人

問合せ先

和歌山市人事委員会事務局

ホームページ

ホームページを見る

地域を選択する

アーカイブ