「タイガース勝って、ほっとする」~元公務員講師のコラム~

今回は語呂合わせです。

タイガ(=針葉樹の純林、純林というのは1種類の木が集中的に生えている場所)の下の土壌は、ポトゾル(=ほっとする)というものです。
ポトゾルは冷帯の低温で有機物の分解が進まないので、やせた灰白色の土壌となります。
タイガース負けて、ほっとすると覚えてもいいです。
タイガとポトゾルがつながるとわかると、人文科学地理で1点取れるかもしれません。
地理は飛ばすという人も、この語呂合わせは知っておいて下さい。

しかし、コロナ禍の今日においては、タイガースが勝った負けたと言って一喜一憂していた日々が、かけがえのないものであるということがよくわかります。
ウィルスはいつかは終息するので、またタイガースが勝ってほっとする日々が来るかとは思うのですが、現実は先が見えません。

皆さんは、淡々と勉強を続けて下さい。

 


【中島講師 プロフィール】
94年7月外務I種最終合格。国家I種経済職も1次合格していたが、外務I種合格により辞退。
外務省は4年勤務、アラビア語研修を命ぜられ、中近東第1課、エジプト大使館に勤務。諸事情により任期途中で日本に戻り人事課等に勤務。
2001年より公務員試験講師。延べ2400回の授業、24000人の学生に講義。
主な著作:「受験ジャーナル直前対策ブック 暗記科目の語呂合わせカード」、「語呂合わせで急所をチェック 公務員試験」(文芸社)

関連記事

  1. 「過去問の使用用法上の注意」~元公務員講師のコラム~

  2. 「過去問が目的、テキストは手段」~元公務員講師のコラム~

  3. 「1科目ずつ合格レベルに」~元公務員講師のコラム~

  4. 「法律は一方通行、経済は相互通行」~元公務員講師のコラム~

  5. 「不安という観念から逃れる」~元公務員講師のコラム~

  6. 「簡単な問題を確実に」~元公務員講師のコラム~

  7. 「法律・経済受講のコツ 最後まで一周する」~元公務員講師のコラム~

  8. 「気づきの積み重ね」~元公務員講師のコラム~

  9. 「集団討論の発言回数」~元公務員講師のコラム~