北海道警察

北海道警察官募集のポスター
所在地
札幌市
職員数
約11,900人(平成31年4月1日現在)

北海道警察の仕事

私たちの仕事は、北海道民の安全で、安心できる暮らしを守ることです。
住民からの期待に応えるため、犯罪の予防や捜査・犯人の逮捕、交通取締りや交通事故の捜査、人命救助など日々様々な任務に当たっています。

北海道警察の警察官の写真北海道警察のパトカーの写真

魅力・PRポイントはここ!

北海道警察のパトロール

北海道の安全と安心を守るという使命

犯罪や事故のない安心して暮らせる北海道を実現することが、私たち北海道警察の使命です。北海道の安全・安心を守るということは、【人々の幸せな日常】を守るということ。被害者の心に傷を残す犯罪や事故を捜査・解決することはもちろん、昼夜を問わないパトロールや防犯指導により未然に防ぐことも重要です。北海道警察官の心は、「大好きな北海道を守りたい」という使命で一つにつながっています。

一人ひとりの個性が生きる多彩な業務

北海道警察の仕事は、【地域部】【刑事部】【生活安全部】【交通部】【警備部】【総務部】【警務部】の7つの部門に分かれています。北海道の治安を守るために必要とされる業務は幅広く、それぞれの仕事で求められる個性・技能も多種多様です。一人ひとりの個性を仕事に生かすことができます。北海道警察であなたの【強み】を、北海道のために存分に発揮してください!

北海道警察の多彩な業務
北海道警察北海道女性が輝く多様なフィールド

女性が輝く多様なフィールド

北海道警察は、男女問わず活躍できるフィールドがあり、多数の女性警察官が活躍しています。性犯罪やDV・ストーカーなど、女性が被害者になりやすい現場では、被害者の心に寄り添いやすい女性警察官が大きな役割を担い、警衛・警護の現場では、女性ならではの細やかな心遣いが生きてきます。男女の区別なく能力次第で昇任できる環境や、妊娠・出産・育児などライフイベントにおける福利厚生も整っています!

こんな方に来てほしい!

北海道が好きで、悪を許さず「北海道を自分の手で守りたい!」という信念を持った熱い人材を求めています。

先輩職員からのメッセージ

北海道警察平成30年採用巡査

平成30年採用 巡査

警察学校では、集団生活で気配りを学ぶとともに、心身ともに鍛えられ、成長できたと感じています。
警察が北海道民の方々の身近な存在になれるよう、カラーガード隊で広報活動に当たりたいと希望しています。

北海道警察平成30年採用巡査

平成30年採用 巡査

警察学校では厳しい訓練もありましたが、同期と熱心な教官の支えで無事卒業することができました。学校では、バレーボール大会などの行事があり、仲間と団結して2連覇したことが楽しかった思い出です。今後は、交通機動隊で事件事故を減らすために活躍したいと思っています。

北海道警察平成29年採用巡査長

平成29年採用 巡査長

人の役に立てる仕事をしたいと思ったことが、警察官を志すきっかけでした。道民の方から“頑張ってください!”と声をかけてもらえることもあり、そんな時はうれしくなり、頼りにされているという実感から気持ちが引き締まります。将来は刑事になりたいと思っていて、そのためにも地域を守る現在の仕事を通して、犯罪に立ち向かう強い気持ちをしっかり身に付けられるよう意識しています。

採用担当者より

警察官という仕事は、一般の方からすると、どうしても「堅苦しい」「厳しい」というイメージを持たれがちです。また、最初から「私にはムリかな」と考えてしまう方も多いかもしれません。
しかし実際はそんなことは全くありません。大切なのは「人の役に立ちたい」という真摯な気持ちだけです。
多岐にわたる業務の中から適性やパーソナリティーに合った適材適所の仕事がきっと見つかります。
不安や悩みがあれば、上司、先輩に気軽に相談できる風通しの良い職場環境も整っていますし、働きがいのある職場です。
少しでも興味のある方は、自分の可能性を信じて、ぜひチャレンジしてほしいと思います。

インターンシップ・ボランティア等

インターンシップ情報

<実施時期>

通年(日程を調整のうえ、実施日を決めます)

<実施時間>

概ね4時間程度

<内容>
  • 採用センター職員による警察の組織・業務説明
  • 警察学校の施設・授業の紹介(DVD視聴)
  • 制服着用体験、装備品展示
  • 警察本部庁舎見学
  • 事件現場を想定した捜査活動体験
<参加資格>

警察業務に興味・関心のある32歳以下の方

<問合せ先>

北海道警察採用フリーダイヤル 0120-860-314

ボランティア情報

北海道警察学生ボランティア(Jumpers(ジャンパーズ))として、参加登録をした学生が、地域の安全、少年の非行防止及び健全育成、サイバー空間の安全の確保に関する活動に従事しています。

<問合せ先>

ジャンパーズ事務局 北海道警察本部生活安全企画課安全・安心まちづくり係
011-251-0110(内線3035)

試験の特徴

筆記試験について

  • 教養科目

その他の試験内容

  • 面接カード
  • 個別面接
  • 適性検査
  • 小論文
  • 体力検査
  • 身体検査

募集予定職種

  • 警察官

受験資格

昭和62年4月2日~平成14年4月1日生まれ
※2019年度 北海道警察官採用試験受験資格

  • 学歴要件なし

採用の流れ

  1. 1次試験・・・教養試験(択一式)、論(作)文試験、適性検査
  2. 2次試験・・・口述試験、体力試験、身体検査、健康診断結果の提出

待遇について

基本給 大学卒 約202,000円、短大卒 約185,100円、高校卒 約171,200円
諸手当 扶養手当、地域手当、住居手当、通勤手当、単身赴任手当、宿日直手当、特殊勤務手当
賞与 年2回支給
休日休暇 年次有給休暇年間20日(残休暇日数は20日を限度として翌年への繰越しが可能)
待遇・福利厚生 結婚、出産、災害時などにおける各種給付金の支給、医療費の給付、物資の購入・教育資金・住宅購入時の資金の貸付、公的資格を取得する際の助成など
勤務地 北海道内(道内66警察署、5警察本部)
勤務時間 通常勤務は平日の午前8時45分から午後5時30分までの完全週休2日制
三交替制勤務は1日目当番、2日目非番、3日目週休日(又は日勤)のローテーション
いずれも勤務時間は週平均38時間45分
教育・研修制度 警察官として採用されたのち、A区分の方は6か月、B区分の方は10か月、北海道警察学校に入校し、規則正しい集団生活を送りながら警察官としての基礎を身に付けます。警察学校卒業後は、道内いずれかの警察署に配属となりますが、約3か月間上司や先輩と同行勤務する職場実習を行い、実務経験を積んでいただきます。その後、再度北海道警察学校に入校し、A区分の方は2か月間、B区分の方は3か月間、職場実習で学んだことをもとに改めて警察官として職務執行するために必要な知識・技能を研鑽します。
その他、昇任した際の幹部研修、海外研修(語学研修)、専門研修(専科教養)などがあります。
資格取得支援制度 公的資格等取得助成として、支援対象資格(職務に関連し、業務の遂行に貢 献できる公的資格等)を取得した際、1人年1回2万円を上限に受験料等の助成を受けることができます。

昨年の実施結果

2018年度 採用人数

第1回採用試験

男性A区分 194名、女性A区分 48名、男性B区分 63名、女性B区分 14名

第2回採用試験

男性A区分 53名、女性A区分 16名、男性B区分 208名、女性B区分 62名

その他データ

男女比

9:1

有給休暇の平均取得日数

11.8日(2018年度)

育児休業取得者数

95名(2019年9月30日現在)

問合せ先

北海道警察本部 011-251-0110
北海道警察採用フリーダイヤル 0120-860-314

ホームページ

ホームページを見る

地域を選択する

アーカイブ