「圧迫面接の対処法」~元公務員講師のコラム~

俗にこの自治体は圧迫面接だ、とか言われます。
圧迫面接というのは、いろいろ定義があるかと思いますが、何を答えても否定されるというのが、圧迫面接だと言えます。
皆さんは圧迫面接されたと簡単に言われる傾向がありますが、本当にそれが圧迫面接かどうかは微妙なところです。
少し面接官がムッとしていたりすると、たやすく圧迫面接だと皆さんは考えられたりします。
しかし、本当の圧迫面接というのは、非常に厳しいものです。
本当に圧迫面接する職種というのは、限られています。

圧迫面接において、答えの中身は大事ではありません。
答えの中身は評価されません。
どう答えを言うか、形式を見られているのです。
泣き出すとか、面接官を論破しようとするのは、最悪です。
圧迫面接されたとしても、淡々と動揺することなく答えることです。
「家に帰って調べてきます」「もう一度勉強します」と穏当な表現で答えて、矛を収めましょう。

圧迫面接されたら、「自分には脈がある」と思って下さい。
合格ラインにかからない受験生に、圧迫面接はしません。
圧迫面接だったら、「よしっ」と思って下さい。
圧迫面接は、面接官にとってしんどいです。
面接官も人間です。できたら定型的に面接したいです。
受験生全員に圧迫面接はしない、と思われます。

面接の準備もしておきましょう。

 

【中島講師 プロフィール】
94年7月外務I種最終合格。国家I種経済職も1次合格していたが、外務I種合格により辞退。
外務省は4年勤務、アラビア語研修を命ぜられ、中近東第1課、エジプト大使館に勤務。諸事情により任期途中で日本に戻り人事課等に勤務。
2001年より公務員試験講師。延べ2400回の授業、24000人の学生に講義。
主な著作:「受験ジャーナル直前対策ブック 暗記科目の語呂合わせカード」、「語呂合わせで急所をチェック 公務員試験」(文芸社)

関連記事

  1. 「集団討論の発言回数」~元公務員講師のコラム~

  2. 「公務員試験職種の特徴 その2(国税専門官、都道府県庁)」~元公務員講師のコラム~

  3. 「そこまでするから、合格者」~元公務員講師のコラム~

  4. 「全体の部分化、数を数える」~元公務員講師のコラム~

  5. 「面接の最後の決め手」~元公務員講師のコラム~

  6. 「難関科目民法攻略のヒント」~元公務員講師のコラム~

  7. 「報道陣(プレス)との距離感」~元公務員講師のコラム~

  8. 「1929年の再来?」~元公務員講師のコラム~

  9. 「授業聴講と問題演習のバランス」~元公務員講師のコラム~