「正解は多数派の中にいる」~元公務員講師のコラム~

解法の話です。
正解は多数派の中にいるというものです。
5肢択一のうち、4対1に分かれるとしたら、正解は4にいるというものです。もし正解が1にいたら、他の選択肢を検討することなく、正解が確定できることになります。問題作成者からすると、これは面白くないです。
同じく3対2なら3、3対1対1なら3、2対2対1なら2、それぞれに正解が隠れています。

実際の問題で見ましょう。(問題文は略、選択肢のみ)

A B C D E
ポーランド ユーゴスラヴィア ミュンヘン オーストリア ハンガリー
ポーランド チェコスロヴァキア ミュンヘン オーストリア イタリア
オーストリア ユーゴスラヴィア バンドン ポーランド イタリア
オーストリア チェコスロヴァキア バンドン ポーランド ハンガリー
オーストリア チェコスロヴァキア ミュンヘン ポーランド イタリア

AからEまで3対2です。正解は3に隠れています。
Aの3はオーストリア、Bの3はチェコスロヴァキア、Cの3はミュンヘン、Dの3はポーランド、Eの3はイタリア。AからEまで全て3である、選択肢5が正解です。

 

A B C D E
11
13
13
13
15

この問題は世界史ですが、世界史を捨てる人でも正解しなければいけません。何となく3とか選ぶのでなく、数を数えて5を選ばないといけないです。公務員試験はそういうことが出来る人が合格するのです。
皆さんも未知の問題、科目であっても、選択肢の数を数えて、数の多いものを選ぶということは、常識化して下さい。
王道で解くのももちろん大切なのですが、いざという時にはテクニックも必要となってきます。
正解は多数派の中にいるというのは、覚えておいて下さい。

 

【中島講師 プロフィール】
94年7月外務I種最終合格。国家I種経済職も1次合格していたが、外務I種合格により辞退。
外務省は4年勤務、アラビア語研修を命ぜられ、中近東第1課、エジプト大使館に勤務。諸事情により任期途中で日本に戻り人事課等に勤務。
2001年より公務員試験講師。延べ2400回の授業、24000人の学生に講義。
主な著作:「受験ジャーナル直前対策ブック 暗記科目の語呂合わせカード」、「語呂合わせで急所をチェック 公務員試験」(文芸社)

関連記事

  1. 「二択は深入りせず、最後に廻せ」~元公務員講師のコラム~

  2. 「どうせみんなできない」~元公務員講師のコラム~

  3. 「試験勉強の3つのJ」~元公務員講師のコラム~

  4. 「知識の量と質の関係」~元公務員講師のコラム~

  5. 「時事のフォローの仕方」~元公務員講師のコラム~

  6. 「(×0.8)³=0.512」~元公務員講師のコラム~

  7. 「平常心という難しさ」~元公務員講師のコラム~

  8. 「公務員と民間の面接の違い」~元公務員講師のコラム~

  9. 「試験における3つの数字(時間、得点、金額)」~元公務員講師のコラム~