「主観的弱点と客観的メリハリ・テクニックの峻別」~元公務員講師のコラム~

講師が授業で教えられるのは、客観的(=受験生の皆さんに共通するという意味)メリハリ・テクニックにつきます。「ここはよく出ます」「こうすると速く確実に解けます」という類いのものです。こういった事項は、おそらく受験生の皆さんに共通のものでしょう。

皆さんは受験生という意味では同じですが、一人ひとり個性があって違う面もあるのも極めて当然です。そして、授業ではこの主観的(=一人ひとりにとって違うという意味)弱点については全くコメントすることはできないし、ふさわしくもないです。なぜなら、授業は個別指導ではないからです。

ということで、皆さんは私達講師に依存し過ぎてはいけません。
何が言いたいかというと、主観的弱点は自分でつぶすしかない、ということです。
主観的弱点の克服まで、学内講座や予備校に依存すると、合格までに時間がかかるかもしれません。
勿論、私達講師は、克服の材料になるようなヒント、情報はできるだけ提供するようにしています。
しかし、弱点を克服するのは皆さん一人ひとりの努力にかかっているのだということを、忘れないで頂きたいです。

 


【中島講師 プロフィール】
94年7月外務I種最終合格。国家I種経済職も1次合格していたが、外務I種合格により辞退。
外務省は4年勤務、アラビア語研修を命ぜられ、中近東第1課、エジプト大使館に勤務。諸事情により任期途中で日本に戻り人事課等に勤務。
2001年より公務員試験講師。延べ2400回の授業、24000人の学生に講義。
主な著作:「受験ジャーナル直前対策ブック 暗記科目の語呂合わせカード」、「語呂合わせで急所をチェック 公務員試験」(文芸社)

関連記事

  1. 「そこまでするから、合格者」~元公務員講師のコラム~

  2. 「過去問の勉強は選択肢単位で」~元公務員講師のコラム~

  3. 「メモ取りの重要性」~元公務員講師のコラム~

  4. 「配属1日目でも2年目のふり」~元公務員講師のコラム~

  5. 「計画は守らなくてもよい」~元公務員講師のコラム~

  6. 「自分の二十数年間を1時間で語る」~元公務員講師のコラム~

  7. 「数字を書くと、具体的になる」~元公務員講師のコラム~

  8. 「失敗談こそ思い出す」~元公務員講師のコラム~

  9. 「趣味・特技は2×2で」~元公務員講師のコラム~